1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 対物賠償保険も任意保険の基礎となる保険です

対物賠償保険も任意保険の基礎となる保険です

自動車保険   14 Views

対物賠償保険も任意保険の基礎となる保険です。

物に対する損害を賠償する保険ですので、交通事故の際には補償があると助かる保険なのです。

自賠責保険が人の命や健康の損害に対する賠償を想定していますが、物に対しては一切の賠償を考えていません。

しかし、自動車事故では物を壊してしまう可能性が高く、対人の賠償の次に大きな金額となる可能性があるのです。

対物賠償保険のほとんどの対象は、自動車同士の事故での相手の自動車に与えた損害を賠償する物です。



また、ガードレールや電柱を破壊したり、店舗等に損害を与える場合もあります。

この様な直接与えた損害を補償してくれるのが対物賠償保険なのですが、二次的な損害を請求された場合も補償してくれます。

例えば、電柱を破壊して電気の供給が止まり商売が出来なくなった損害や、運送業の車両を修理する間の休業補償等も対物賠償保険で補償してくれます。

また、仕事が止まり納期が守れない場合の損害を請求される事もあります。

こうした交通事故が原因で副次的に起きてしまう損害も補償範囲としているのです。

対物賠償保険は500万円程度の補償から契約が可能なのですが、実際の損害額はかなり大きくなる可能性があります。

踏切事故では特急電車が遅れてしまうと数千万円の損害を与える事もありますし、架線を切断すると影響はかなりの時間や範囲に及ぶ事になるのです。

対物賠償保険も出来るだけ大きな補償額を設定しておかないと、賠償しきれない可能性が出てきますので注意しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 対人賠償保険は任意保険の基礎となる保険です

  • 交通事故の相手に賠償能力が無い場合に補償される保険とは?

  • 人身傷害保険は契約した補償額を上限に実費で補償してくれる保険

  • 自動車に同乗していて死傷した場合に補償される保険とは?

  • 車両保険は、契約した自動車の価値に応じて補償をしてくれる保険

  • 自損事故保険は対人保険の延長線上にある保険です