1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのか?

技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのか?

自動車保険   16 Views

技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのでしょうか。

個人的には大いにあると思っています。

近年発売された自動車にはブレーキアシスト機能という物が搭載されました。

前方にある障害物や移動体を検知して危険な領域になると自動でブレーキを効かせてくれる機能です。

気が散って注意散漫になり前の自動車の急ブレーキに気付かなくても、自動車が勝手に反応してくれるので追突事故を防ぐ事が出来ます。

この様な技術開発が進めば自動車事故のリスクはどんどん減る可能性があると思うのです。

更には自動制御で運転してくれる自動車の存在です。

当然プログラムで自動車を制御しますから、事故の可能性を最低限にするように設計されます。

これも技術開発が進めば殆ど事故を起こさない乗り物となるかもしれません。

そうした技術が人の運転する自動車にも応用されて、半自動運転の自動車も登場するかもしれません。



危険を感知した際には自動車が反応して回避行動を取り、通常は人が運転するのです。

こうして自動車事故のリスクが減れば自動車保険も変わる事になるでしょう。

リスクが低下すれば保険料は下がりますので、誰でも充分な任意保険に加入出来るかもしれません。

殆ど事故の可能性が無いならば、新車販売価格に自動車保険が既に入っているかもしれません。

人間の技術開発は確実に自動車事故を減らす事が出来ると思います。

そうした未来を信じて見守っていたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車保険をかけると安心と安全が得られるってどういう事?

  • 自動車事故を起こした時の経済的なダメージ・身体的なダメージ

  • 死亡率の低下と賠償金額の関係とは?

  • 任意保険は自賠責保険の補償範囲では補償しきれない部分を補償

  • 自動車を利用してきた現在60歳以上の老齢世代が増加中!

  • 「全損扱い」つまり自動車の価値以上に補償をしない規定です