1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 車両保険が高い理由はコレだった!!

車両保険が高い理由はコレだった!!

自動車保険   22 Views

車両保険は自動車保険の中でも高額な部類の保険です。

これは何故なのでしょうか。

自動車保険で車両保険に加入する人は主に車両価値が高く、万が一の際に事故負担での補修を懸念する人が多くなります。

そうなると、比較的高級車や新車等の価値のある自動車に対して車両保険をかける事が多くなります。

当然価値が高い物の保険料は上がってしまいます。

また、車両保険の補償範囲が広い事に保険料が高くなる理由があります。

災害や盗難と言った損害も補償していますし、自損事故なども補償されているので、車庫入れなどでぶつけてしまった場合でも保険を利用する可能性があるのです。

この傾向は高級車では顕著になり、少しの凹みでも修理して乗りたいと思う人が多い事から保険適用をする人が多くなる傾向があるのです。



高級車やスポーツカーは事故の際に比較的大きな損害となる事が多いと考えられますので、通常の保険料も高くなりますが、車両保険は更に高くなるように設定されているのです。

こうした事から車両保険を下げる目的で免責金額を設定したり、補償範囲を限定する車両保険も存在します。

車両保険の保険料が高いと感じた場合は検討してみても良いでしょう。

車両保険は保険会社にとってリスクの高い保険となり保険料が高く設定されていますが、その分安心を与えてくれる保険でもあります。

車両保険に加入して自分の自動車を守りたいと思うのであれば、補償範囲を把握して利用するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保険会社が免責とする場合と自分が免責を設定する場合

  • 自動車保険は基本的に共済的な多数が一人を助ける構造を持っています

  • 任意保険は自賠責保険の補償範囲では補償しきれない部分を補償

  • 技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのか?

  • 任意保険では特約による補償範囲の拡大可能な点が最大のメリットです

  • 「全損扱い」つまり自動車の価値以上に補償をしない規定です