1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 自賠責保険と対人賠償保険では家族に対する補償がありません

自賠責保険と対人賠償保険では家族に対する補償がありません

自動車保険   808 Views

自賠責保険と対人賠償保険では家族に対する補償がありません。

この二つの保険は損害賠償を補償する保険なので、同一家計にある家族は賠償する側とされる側が同じと見なされてしまうのです。

家族が搭乗中の事故の際もそうですが、自分の家族を自動車で怪我させてしまう場合も同様です。

毎年そのような痛ましいニュースを聞く事がありますが、自動車保険ではそのような場合の補償を想定していないのです。

そこで家族に対する保険が必要となります。



人身傷害保険が一番手厚く家族への補償がありますが、搭乗者傷害保険や自損事故保険も家族を対象とした保証が含まれています。

考えたくない事ですが万が一家族が事故で怪我や命を失った場合、何の補償もないよりはあった方が良いでしょう。

同じような保険として生命保険も考えられます。

怪我や病気での入院、死亡に対して補償を受ける事が出来るので生命保険をかけている人はその内容を把握して、自動車保険を選ぶと良いと思います。

当然どちらもかけていれば補償は増えますが、保険料も増えてしまいます。

家計との兼ね合いもあるでしょうから、家族で相談して決める必要があるでしょう。

家族に対する保険はかけていないと、とても後悔する事になります。

保険の知識が無かったばかりに補償されない事態になってしまうと、悲しいだけでなく悔しい思いもするでしょう。

基本の自動車保険では家族が対象にならないという事を知らなければ、保険をかけようがありません。

知識として自動車保険を理解して検討する必要があるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 車両保険で保証されない災害に地震と火山活動があります

  • 自動車事故を起こした時の経済的なダメージ・身体的なダメージ

  • 自動車保険をかけると安心と安全が得られるってどういう事?

  • 自動車保険は基本的に共済的な多数が一人を助ける構造を持っています

  • 自動車保険の内需減少の未来とは?どうなる日本!!

  • 自動車保険は根本的な問題として必要あるの?必要ないの?