1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 「全損扱い」つまり自動車の価値以上に補償をしない規定です

「全損扱い」つまり自動車の価値以上に補償をしない規定です

自動車保険   508 Views

最近は、自動車事故の話で全損扱いという言葉を良く聞くようになりました。

古い自動車に乗る人が増えた経済状況もありますし、衝撃を吸収する構造の自動車が増えたせいで修理費が高くなってしまったという理由もあります。

それでは、全損扱いとはどういう事なのでしょうか。

これは保険会社が決めている自動車の価値以上に補償をしないという規定です。

例えば、ボロボロの廃車同然の軽自動車に乗っていて事故に遭ったとします。

自分に過失がなく相手の保険から100%補償されるとしても、自分の自動車の価値が5万円とされると、修理代が6万円なら全損扱いとされて5万円以上の補償をしてくれないのです。



最近の自動車は乗る人の安全を考えて衝撃吸収性を上げています。

CMで衝突実験の映像を見た事がある人も多いでしょう。

自動車が派手に壊れる事で極力人への衝撃を与えないように設計されているのです。

この様な自動車では、修理費がかなり高くなる傾向があります。

この場合も保険会社の決めている価値以上の修理代は補償されない事になります。

修理するよりも中古車で同等品を買って下さいという意味なのです。

しかし、同等品が手に入る可能性は難しいでしょう。

新しく中古車を購入するには諸経費も必要になりますので、自己負担も発生してしまいます。

ボロボロの自動車で後何年修理して乗るつもりなのかと保険会社から言われる事もあります。

余計なお世話だと思いますが、全損扱いとなるとそれ以上の補償が貰えないという事は変わりはないのです。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 技術開発による自動車事故の発生率の低下はあるのか?

  • 車両保険が高い理由はコレだった!!

  • 若者の車離れが加速すると保険料が値上がりするって本当?

  • 対人賠償は自賠責以上の損害に対して補償する保険

  • 自動車保険の内需減少の未来とは?どうなる日本!!

  • 2020年、自動運転の車の実用化・行方は?