1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 自動車保険は根本的な問題として必要あるの?必要ないの?

自動車保険は根本的な問題として必要あるの?必要ないの?

自動車保険   541 Views

自動車保険を考えてみた場合、根本的な問題として必要であるかどうかの疑問があると思います。

自動車保険は多数が一人を助ける共済構造ですから、多数の存在がなくては保険が成立しません。

しかし、現実には殆どの人が事故を起こしませんので保険は役に立たないと言う事も出来ます。

実際には補償という安心を受けていますので役に立たないと言う言葉は乱暴かもしれません。

そして万が一の事故の際には個人の支払い能力で損害を保証出来ない可能性があるのも否定出来ません。

将来起きるかもしれない巨額の損害賠償に備えるのか、今の保険料を惜しむのかと言う問題になるのです。



自動車事故を起こしてしまえば保険の必要性を否定する人はいませんが、殆どの人が自動車事故を起こさない事を考えれば必要無いと考えてもおかしくないのです。

しかし、人間には未来が分かりませんので、何が起きるかを予測出来ません。

自動車保険は起きてしまった事故に備えるのが役目ですので、起きない事故を想定するのは間違いなのかもしれません。

そして、事故なんて起きないと言って自動車保険に加入しなかった人が事故にあってしまうとかなり哀れな結果となるでしょう。

心配をすればきりはありませんが、楽観過ぎるのも良くないでしょう。

任意保険は任意で加入を決める保険ですからその選択は個人の判断に任せられています。

それをどのように考えるのかは個人の自由ですが、後悔してしまう事だけは無いようにして欲しいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車事故の修理費は過失割合に応じて保険利用を検討する

  • 任意保険は自賠責保険の補償範囲では補償しきれない部分を補償

  • ネット保険の拡大で保険料はどこまで安くなるのか?

  • 自賠責保険と対人賠償保険では家族に対する補償がありません

  • 自動車事故の過失割合に注意!ドライブレコーダーで助かる例もあり!

  • 任意保険では特約による補償範囲の拡大可能な点が最大のメリットです