1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 交通事故の相手に賠償能力が無い場合に補償される保険とは?

交通事故の相手に賠償能力が無い場合に補償される保険とは?

自動車保険   19 Views

無保険車傷害保険は交通事故の相手に賠償能力が無い場合に補償される保険です。

無保険車とは任意保険に加入していない、加入していても保険が適用されない、当て逃げやひき逃げ等の加害者が特定出来ない、賠償上限が低い為に賠償が不足する等の保険の賠償能力が無かったり、超えてしまう事をいいます。

無保険車傷害保険は対人賠償の延長線上にある保険ですので、人の命や健康に与えた損害を補償する保険です。

ただし、後遺障害と死亡にのみ補償されますが、怪我に対する補償はありません。

怪我に対する補償は自賠責保険で保証される事になりますので覚えておきましょう。



保険会社によっては対人賠償保険に自動的に付帯する場合がありますので、ご自分の保険を良く確認しましょう。

ひき逃げで加害者が特定出来ない場合が含まれていますので、歩行中に事故にあってしまった時にも有効な保険になります。

また、事故の相手が飲酒運転等の違法な運転があった場合も相手の自動車保険は適用外になりますので、無保険車という扱いになります。

こうした事は本来あってはならないのですが、現実には起きてしまう可能性があるのです。

こうした時に一方的に不利益を被る事が無いように考えられているのが無保険車傷害保険なのです。

現実問題として利用されている自動車が全て任意保険に加入しているとは考えられません。

また、加入していても適用されない場合もありますので、この保険の重要性は理解出来ると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人身傷害保険は契約した補償額を上限に実費で補償してくれる保険

  • 自損事故保険は対人保険の延長線上にある保険です

  • 自動車に同乗していて死傷した場合に補償される保険とは?

  • 対人賠償保険は任意保険の基礎となる保険です

  • 車両保険は、契約した自動車の価値に応じて補償をしてくれる保険

  • 対物賠償保険も任意保険の基礎となる保険です