1. TOP
  2. 自動車保険
  3. 人身傷害保険は契約した補償額を上限に実費で補償してくれる保険

人身傷害保険は契約した補償額を上限に実費で補償してくれる保険

自動車保険   17 Views

人身傷害保険は搭乗者傷害保険や無保険車傷害保険、自損事故保険の補償範囲を含んだ広く補償してくれる保険です。

自動車同士の事故の際には、過失割合の話し合いで示談まで時間がかかる場合がありますが、人身傷害保険は示談を待たずに支払ってくれます。

その代わり、示談成立後の補償は保険会社が受け取る形になります。

人身傷害保険は契約した補償額を上限に実費で補償してくれる保険ですので、入院や通院にかかる費用もそのまま受け取る事が出来ます。



また、契約した自動車以外での事故にも補償してくれるので、歩行中や自転車での事故にも補償される事になります。

そして、契約した本人と家族を補償対象としていますので、家族が事故にあった場合も、自分が他人の自動車を運転していた場合も補償対象になります。

更に、100%過失があって相手の保険で補償されない場合や、自損事故で相手がいない場合も補償対象となっています。

つまり、自動車に絡む本人と家族を広く補償してくれる損害保険となっているのです。

ただし、人身傷害保険は契約者と家族の命や健康に対する損害を補償してくれる保険ですので、物的な損害には関与しません。

対人賠償保険を契約者や家族を補償対象として完全な形態にしている保険ですので、補償範囲は人に限られるのです。

この為、人身傷害保険は自動車保険の中でも高額な保険の部類に入ります。

広い補償範囲を持つ保険ですので仕方のない事ですが、安心とは高く付いてしまう物のようです。

\ SNSでシェアしよう! /

愛車.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

愛車.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車に同乗していて死傷した場合に補償される保険とは?

  • 対物賠償保険も任意保険の基礎となる保険です

  • 交通事故の相手に賠償能力が無い場合に補償される保険とは?

  • 自損事故保険は対人保険の延長線上にある保険です

  • 車両保険は、契約した自動車の価値に応じて補償をしてくれる保険

  • 対人賠償保険は任意保険の基礎となる保険です